無料ブログはココログ

第2回科学の祭典

  • 20170806dsc_0148_r
    2017年8月6日開催 子どものための<科学の祭典> 第2回大阪科学フェスティバル

第3回科学の祭典

  • 20180805p1170245_r
    2018年8月5日 子どものための<科学の祭典> 第3回大阪科学フェスティバルの写真です。

« ドライアイス | トップページ | おりぞめ »

2020年10月 1日 (木)

虫博士入門・リアルアリ模型作り

●虫博士入門・リアルアリ模型作り

20201001p1080686_r

 

●「科学イベント体験学習②生物」、<虫博士入門・リアルアリ模型作り>
・毎年、夏休みに向けて、イベント内容の授業がスタートします。
・今年は、残念ながらイベントが出来ませんが、来年のために・・・
・今回は、種類と、数が、最も多い昆虫などについて・・・
・授業の後は、本物そっくりの「アリさん」を作ります。

20201001p1080688_r
・【質問1】
 アリの足は、何本あるでしょう? あなたは、アリの絵や、本物のアリを見ないで、アリの絵をかくことが出来ますか?
 アリの体はいくつに分かれていますか、足はどこから出ていますか。大きく書いてみてください

20201001p1080689_r
・答えは、上の図です・・・うまくかけましたか。

20201001p1080691_r

20201001p1080693_r
・上の写真は、めずらしい、カブトムシのレントゲン写真と、CT写真だそうです。
 体の中の様子が、はっきりと分かります。

20201001img_3598_r
・授業の後は、本物そっくり「リアルアリ模型」を作製しました。

20201001img_3600_r
・みなさん、さすがにうまいですね!

●一口レポート
★虫の世界の研究を学び、昆虫の足は6本という事も知りませんでした。アリの模型たのしかった。★リアルアリづくりがたのしかったです!私のアリは、お疲れアリになりました。★今日の中の世界の話は、結構知っているはずの昆虫を中心の内容でしたが、やはり色々な新しい知識を教えてもらいました。★昆虫の世界、知れば知るほどおもしろい。世界のアリの種類の多さにもオドロキ。★かわいいアリが出来ました。孫がよろこびます。★アリの模型作り、足の曲がり具合で個性が出て楽しいアリができました。★アリをはじめ、昆虫、そして虫のこと、知っているようで知らないことが沢山あった。

ダウンロード - 20201001rep.pdf

●自己アピール会
本日は、3班、4班の皆さんから発表していただきました。

20201001p1080697_r

20201001p1080703_r

20201001p1080707_r

20201001p1080710_r
・最後は、元応援団長(?)、すばらしいその迫力の声・・・すごい!
 子ども教室に、エールを送っていただきました、ありがとうございました。

●本日のスケジュール

20201001nit1

ダウンロード - 20201001nit.pdf

●こころの天気図

20201001kok1

ダウンロード - 20201001kok.pdf


以上 (撮影、編集:佐藤和次)


« ドライアイス | トップページ | おりぞめ »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ドライアイス | トップページ | おりぞめ »