無料ブログはココログ

第2回科学の祭典

  • 20170806dsc_0148_r
    2017年8月6日開催 子どものための<科学の祭典> 第2回大阪科学フェスティバル

第3回科学の祭典

  • 20180805p1170245_r
    2018年8月5日 子どものための<科学の祭典> 第3回大阪科学フェスティバルの写真です。

« オリエンテーション | トップページ | 自由電子が見えたなら »

2020年9月10日 (木)

もの作り教育論

●「もの作りに科学の視点を」<もの作り教育論と、もの作り>

20200910p1080592_r


●もの作りに科学の視点を! もの作り教育論
音田先生の科学教育の中での<もの作り>の位置づけ
科学実験教室の中で<もの作り>を進めるうえで、原則にしてほしいこと
<もの作り>教育の限界・・・など
科学実験と同時に大切な<もの作り>について
音田先生の、思いを聞かせていただきます。

また、現職の頃に、子ども達に人気の<もの作り>トップ3や、その他のもの作りなど、紹介していただきました。

20200910p1080588_r
・授業の最初に、高大・和田理事長さんからのメッセージをお聞きしました

20200910p1080593_r
・音田先生の「もの作り教育論」

●スライム作り
20200910p1080598_r
・子ども達に一番人気の<スライム>づくり
20200910p1080601_r
・ふしぎな物体・・・フニャフニャとして・・・気持ち悪いような、気持ち良いような・・・
・子ども達の人気が、すこしは分かったかな・・・?

●一口レポート
★音田先生の子ども教育に対する熱意を今日も感じさせてもらいました。午後からのブンブンゴマづくりも楽しかった。★もの作りも科学である。心して作ります。失敗の経験は子ども達に教える時の良い知恵になるかな。★もの作りに科学の視点を!納得。スライム作りは化学変化がすぐに見えてよいです。ぶんぶんごまも良かった。★実験/もの作り/科学読本の3つが大切ということがわかりました。★スライム作りはたのしく孫に教えたい。★スライム作り初体験、楽しかったです。★スライム作りおもしろかった。子ども達が夢中になるのが良く分かった。まずは、楽しさから入るのが一番と実感した。

ダウンロード - 20200910rep.pdf

●もの作り(2)
・厚紙と、タコ糸で簡単に作製できる<ぶんぶんごま>と
・もう一つ、おりがみと水糸で<てまりぶんぶん>を作製しました

20200910p1080603_r
・最初に厚紙とタコ糸による、簡単な<ぶんぶんごま>
20200910p1080604_r
・続いて折り紙を使って、てまりのような<ぶんぶんごま>

●クラスミーティング
委員長さんと、副委員長さんを決定してもらいました。
20200910p1080613_r
・クラス委員長(浜田久佳さん)、クラス副委員長(村上博美さん)
 が選ばれ、挨拶をしていただきました
・これから、一年間どうぞよろしくお願いいたします。

●本日のスケジュール

20200910nit1

ダウンロード - 20200910nit.pdf

●こころの天気図

20200910kok1

ダウンロード - 20200910kok.pdf

以上、(撮影、編集:佐藤和次)

« オリエンテーション | トップページ | 自由電子が見えたなら »

仮説実験授業」カテゴリの記事

ものづくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« オリエンテーション | トップページ | 自由電子が見えたなら »