無料ブログはココログ

第2回科学の祭典

  • 20170806dsc_0148_r
    2017年8月6日開催 子どものための<科学の祭典> 第2回大阪科学フェスティバル

第3回科学の祭典

  • 20180805p1170245_r
    2018年8月5日 子どものための<科学の祭典> 第3回大阪科学フェスティバルの写真です。

« わたしたちの太陽系 | トップページ | オリンピック »

2019年10月31日 (木)

あかりの歴史

●あかりの歴史、分子で謎をとく、文明発展史

20191031p1070994_r

●わくわく科学⑦ あかりの歴史、分子で謎をとく、文明発展史

・現在、誰もが電気を自由に使い、夜でも明るい生活が出来ていいますが・・・
 明かりがどのように、発明・発展・利用されてきたのか・・・
・原子・分子の目で、その歴史を解き明かしてもらいます。
・菜種から、油を搾る実験も行います。

20191031p1070989_r 20191031p1070991_r
・江戸時代に使われた明かりは、何だったと思いますか?

20191031p1070992_r 20191031p1070994_r_20191111184001
・江戸時代のナタネ油での、行灯を再現してみました・・・

20191031p1070995_r 20191031p1070996_r
・暗い! 今の電灯の1W(ワット)くらいだそうです。

20191031p1070998_r 20191031p1070999_r
・いろいろ改良がされて・・・油の種類も変化して・・・

20191031p1080001_r 20191031p1080002_r
・ゴマから、油を搾ってみました
・なかなか、力仕事です・・・搾った油で火を点けてみました

20191031p1080004_r 20191031p1080005_r
・ススの出方が油により、ずいぶんと違うのですが・・・
・それらを、原子・分子の目で教えてもらいました。

●一口レポート
★あかりの歴史とてもおもしろかった。ススの出方をわかるように説明され納得しました。★今では高級油のエゴマ、オリーブ油が灯りに使っていたとはもったいない。★炭素原子の二重結合の有無でススの出具合が違うということ、大変勉強になりました。★ごまから油を作ったのは初めてでびっくりでした。子どもたちとしてみたいです。★煤の出る原理がよくわかった。おもしろい!★ススが分子のつながりを見れば、出るか出ないか分かるなんて不思議でした。納得出来ました。

ダウンロード - 20191031rep.pdf

●ものづくり
・不要になったCDを利用して
・ホバークラフト、・CDゴマ を作製しました。

●本日のスケジュール

20191031nit1 

ダウンロード - 20191031nit.pdf


●こころの天気図

20191031kok1 

ダウンロード - 20191031kok.pdf


 以上 (撮影、編集:佐藤和次)

« わたしたちの太陽系 | トップページ | オリンピック »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« わたしたちの太陽系 | トップページ | オリンピック »