無料ブログはココログ

第2回科学の祭典

  • 20170806dsc_0148_r
    2017年8月6日開催 子どものための<科学の祭典> 第2回大阪科学フェスティバル

第3回科学の祭典

  • 20180805p1170245_r
    2018年8月5日 子どものための<科学の祭典> 第3回大阪科学フェスティバルの写真です。

« 生物と種 (吹田科学実験教室) | トップページ | 煮干しの解剖教室 »

2019年10月 3日 (木)

あなたの名前は何ですか?

●あなたの名前は何ですか?

20191003p1070882_r  

  ●わくわく科学④、「シロウト研究法入門」、
 <あなたの名前は何ですか?> (男性編)

・NHKで有名になった「お名前・・・」の番組
・その番組にも出演された、伊藤伸比古先生に、講義していただきます。
・今回は、どんな内容が飛び出すか・・・楽しみです!

最初の質問は・・・
明治維新の頃いちばん多かった男性名は?
 ア.「~吉」ねずみ小僧次郎吉の「吉」
 イ.「~郎」二宮金次郎の「郎」
 ウ.「~助」一心太助の「助」
 エ.「~門」ドラえもんの「門」

20191003p1070872_r 20191003p1070873_r
・どうしてその名前が多かったのか?
・それらを調べるのに、どのようにしたらよいのか?

20191003p1070876_r 20191003p1070877_r
・調査の資料に、「名つけ帳」、「宗門改帳」、など・・・
・時代を遡りながら、歴史問題も、科学として、数値で明らかに

20191003p1070878_r20191003p1070882_r_20191006114401
・シロウト研究法の実践内容について講義していただきました。
・研究者として、疑問に思ったことへの探求心、その活動の凄さに感心させられました。

●一口レポート
★名前の時代ごとの変遷が大変面白く学べた。★日本人の名前の歴史を統計的に教えてもらって楽しかったです。★名前、占いでつけていたが、今はコンピュータ変わるな!★疑問が出ると調べる。すると資料が出てくる。新しいことを知るとまた疑問が出るという事、楽しいですね。★名前の由来がよく分かった。時代によって、変化していった経緯が理解出来ました。★普段はそれほど興味のない名前でしたが面白く聞くことが出来ました。人のやらないことをやり続けるのはスゴイ!★初めて聴く内容で、この様なことがらを研究されている方がいることが驚きでした。

ダウンロード - 20191003rep.pdf

●ものづくり
・紙を使った、不思議な・・・ビックリな・・・ものづくりを
・「いどう君」:本のページの右から左へ、そして左から右へ、瞬間移動します?!
・「かくし絵」:超薄型のカラー印刷機、モノクロの絵に、色を付けたり、消したり?!

Img_1099 Img_1110
・みなさん、楽しんで作っていただきました。

●本日のスケジュール



20191003nit1

ダウンロード - 20191003nit.pdf

●こころの天気図

20191003kok1
ダウンロード - 20191003kok.pdf

以上 (撮影、編集:佐藤和次)

« 生物と種 (吹田科学実験教室) | トップページ | 煮干しの解剖教室 »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 生物と種 (吹田科学実験教室) | トップページ | 煮干しの解剖教室 »