無料ブログはココログ

第2回科学の祭典

  • 20170806dsc_0148_r
    2017年8月6日開催 子どものための<科学の祭典> 第2回大阪科学フェスティバル

第3回科学の祭典

  • 20180805p1170245_r
    2018年8月5日 子どものための<科学の祭典> 第3回大阪科学フェスティバルの写真です。

« 生物と種 | トップページ | あなたの名前は何ですか? »

2019年9月21日 (土)

生物と種 (吹田科学実験教室)

●吹田科学実験教室、「生物と種」

20190921p1070851_r

9月度、吹田科学実験教室
講師は、高松真津子先生と、麦倉みゆき先生です。

わくわく科学教室、ダーウィンさんはスゴイ!
 生物の多様性を説明する理論
<生物と種>の研究

世界には、たくさんの種類の生物(動物や植物)がいます。たとえば、イヌとネコは違う種類の生物です。
いろいろな種類の生物は、子どもを作りながらくらしています。

【問題1】
イヌのオスとメスのあいだには、イヌの子どもが生まれます。ほかの動物の子どもが生まれることはありません。
ネコからも、ネコの子どもだけが生まれます。
では、同じオリの中でイヌとネコを飼ってみたら、子どもはできると思いますか。科学者の研究ではどうでしょうか。

【予想】
 ア.両方の親に似た子どもが生まれる。
 イ.一方の親だけに似た子どもが生まれる。
 ウ.子どもは生まれない。

こんな質問からスタートしました、みなさんはどう思いますか?

20190921p1070850_r 20190921p1070852_r
・イヌ、ネコのぬいぐるみに、子どもたちの反応は・・・

20190921p1070853_r 20190921p1070854_r
・では、植物は・・・ダイコンとニンジンで、「ダイジン」さんが出来るかな?

20190921p1070855_r 20190921p1070856_r
・生物の設計図、遺伝子のお話し
・子どもができるかどうか?で「種」が決まる。
・そして、カリフラワーとブロッコリー、キャベツの品種改良のお話し

20190921p1070857_r 20190921p1070858_r
・最後にダーウィンの進化論について・・・
・大人でも難しいお話に、子どもたちは、とっても興味深く、真剣に聞いてくれていました。

●素敵な感想文
・授業の終わりには、感想文を書いて提出してもらいます・・・
・一つだけ、すてきな感想を紹介します。

20190921suita 

以上 (撮影、編集:佐藤和次)

« 生物と種 | トップページ | あなたの名前は何ですか? »

出前授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 生物と種 | トップページ | あなたの名前は何ですか? »