無料ブログはココログ

第2回科学の祭典

  • 20170806dsc_0148_r
    2017年8月6日開催 子どものための<科学の祭典> 第2回大阪科学フェスティバル

第3回科学の祭典

  • 20180805p1170245_r
    2018年8月5日 子どものための<科学の祭典> 第3回大阪科学フェスティバルの写真です。

« 水の表面(吹田科学実験教室) | トップページ | 教育心理学 »

2019年4月25日 (木)

もの作り教育論

●もの作りに科学の視点

20190425p1060640_r

●「もの作りに科学の視点」<もの作り教育論>
講師:音田輝元先生、アシスタント:佐藤和次

・科学教育の中での、<もの作り>の位置づけ
・<もの作り>を進めるうえで、原則にして欲しいこと
・<もの作り>教育の限界
・現職の頃の人気の<もの作り>は・・・

20190425p1060643_r_1 20190425p1060650_r_1
・「もの作り教育論」の講義をお聞きしてから・・・
20190425p1060652_r 20190425p1060653_r
・「スライム」づくり

20190425p1060654_r 20190425p1060656_r
・子ども達にとっても人気の、ふしぎな感触のスライム・・・
 どうしてこんなものが・・・好きなのかな・・・
20190425p1060667_r 20190425p1060671_r_1
・続いて、先週の「自由電子が見えたなら」の授業の後に、ピッタリな・・・

20190425p1060673_r_1 20190425p1060674_r_1
・「ナマリ圧着あそび」と「銀色ウズラ」を作りました
・子ども教室、今年初めての<もの作り>

●一口レポート
★おもしろ科学の基本楽しく学べました。また、スライム作り、クルクルシャトル愉しかった。★童心に戻って楽しめました。スライム作りは、初めての経験でした。★クルクルシャトルは、単純でおもしろい。飛ばしたシャトルを受けるコップで遊びもできるので、子ども達も楽しめる。スライム作りをマスターして、お得意にしたい。★もの作りは楽しいです。ただ作るのでなく、理論も教えるというのは、いいですね。★スライムの基礎資料がくわしくわかってよかった。もの作りの材料一覧など準備するときに、たしかめやすかった。もの作りのくわしいところを知りたいので、ありがたかった。★はじめてのもの作り!大変おもしろく子どもと楽しめるアイテムとして最高!★もの作りが科学と関係あるのがよくわかりました。★子ども達に科学の面白さのタネをまく仕事ってすばらしい。出来るようになりたいなー!

ダウンロード - 20190425rep.pdf

●本日のスケジュール

20190425nit1

ダウンロード - 20190425nit.pdf

●こころの天気図

20190425kok1_1

ダウンロード - 20190425kok.pdf

 以上 (撮影、編集:佐藤和次)

« 水の表面(吹田科学実験教室) | トップページ | 教育心理学 »

ものづくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 水の表面(吹田科学実験教室) | トップページ | 教育心理学 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31