無料ブログはココログ

第2回科学の祭典

  • 20170806dsc_0148_r
    2017年8月6日開催 子どものための<科学の祭典> 第2回大阪科学フェスティバル

« ドライアイス(ゆめほたる) | トップページ | 光と虫メガネ・エコカメラ作り(あすとホール) »

2018年7月26日 (木)

高大白熱教室

●大阪府高齢者大学校・「白熱教室」の時間です。

20180726p1170006_r

●高大名物、白熱教室とは・・・「発信力+信頼力+創造力」
自分の意見を発表する<発信力>、他人の意見を聞く<信頼力>、そして、発表を通して<創造力>を育むことを狙いとしています。

●子ども教室では、ふだんの授業が「仮説実験授業」の
<・問題、・予想、・討論、・実験で確認する>という授業形式であり
毎回が、白熱教室ではありますが・・・

今日は、いつもの科学実験とは異なり、「政治の問題点を討論する」プログラムで、
<靖国神社>に関する歴史、そこに祀られている人びと、についての授業でした。

・知っている様で、知らない、靖国神社とは・・・!

【問題1】
靖国神社が設立されたのは、どの時代のことだと思いますか?
<予想>
 ア.明治時代=1868年よりも前
 イ.明治大正時代=1868~1925年の間
 ウ.<1930~45年のいわゆる十五年戦争>とその少し前の時期
   =1925~1945年
 エ.敗戦の年=1945年以後

あなたの予想は、いかがですか?

20180726p1170007_r20180726p1170008_r20180726p1170010_r

・靖国神社と日本国政府の関係は?
・明治維新の戦闘で亡くなった人はすべて祀ってあるのでしょうか?
・合祀するとは、具体的にどういうことなのでしょうか?

20180726p1170011_r20180726p1170012_r20180726p1170015_r

・祀られている人の数は?
・・・もっとたくさんの質問、問題が提示されましたが、残念ながら省略しますが・・・

<以下は、音田先生のコメントです。>
・さていかがでしたか。「初めて知った、思い違いをしていた。」「このようなデリケートな問題も、こうやって教えられると納得がいく」「こうやって人びとに知らせる方法があったのだ」
・「政治的な問題や現象」について、靖国問題は定期的にニュースで報道されます。
・だから一つの教養として、最低限の科学的な知識(客観性)を持っておきたいと思いました。「その後の判断は人それぞれでいい」と思いますが、みなさんの考えを聞かせてください。

●一口レポート
★靖国神社はニュース新聞等でよく目にするが、よく分かっていなかった。今日の授業で分かったことが多かった。★靖国神社の問題は、深入りしてはいけないような遠回りしてきた感があります。改めて向き合うことができました。★日常の中でニュースになる事が多い政治や靖国問題ですが、あまり関心を持って考える事がありません。でも事実をていねいに見ていくとよくわかり自分の考えも整理できるのだとわかりました。とてもすごい授業でした。ありがとうございました。★靖国神社は行ったこともなく、内容も知らなかった。今日の授業でアウトラインがつかめたマスコミのセンセーショナルな報道に踊らされることなく、冷静に判断したい。★常識だと思っていた事柄も、違った視点、深い視点から見れば、如何に頼りないものだと、分かった。★靖国神社問題を考える事は、同時に太平洋戦争、東京裁判について深く考える機会と思いました。

「20180726rep.pdf」をダウンロード

●ものづくり
・「バランスとんぼ」:画用紙で、簡単に作成できます
・「教訓コップ」:観光地のお土産などにも登場する、御猪口にお酒を入れすぎると、
 すべて流れ出てしまうという、ふしぎなコップを作りました

20180726p1170021_r20180726p1170022_r



20180726p1170023_r20180726p1170024_r



●本日のスケジュール

20180726nit1

「20180726nit.pdf」をダウンロード

●こころの天気図

20180726kok1

「20180726kok.pdf」をダウンロード

以上 (撮影、編集:佐藤和次)

« ドライアイス(ゆめほたる) | トップページ | 光と虫メガネ・エコカメラ作り(あすとホール) »

子ども教室」カテゴリの記事