無料ブログはココログ

第2回科学の祭典

  • 20170806dsc_0148_r
    2017年8月6日開催 子どものための<科学の祭典> 第2回大阪科学フェスティバル

« もの作り教育論 | トップページ | もしも原子が見えたなら »

2018年5月10日 (木)

子どもの願いを知る

●「教育心理学入門」<子どもの願いを知る>

20180510p1160038_r

●本日の講師は、大阪大学、学生相談室、保健センター、准教授
            石金直美先生をお迎えしての授業です。

「教育心理学入門」<子どもの願いを知る>と題して、
・子どもの認知発達と関わりについて
・子ども達の視点にたって、<子どもの心>を考えます。

20180510p1160031_r20180510p1160035_r20180510p1160039_r

・ものの見方、考え方について・・・

20180510p1160040_r20180510p1160043_r20180510p1160046_r

・「レフレーミング」という考えを使って、ものの見方を変えてみる・・・
・<頑固><落ち着きがない><優柔不断>について、良い観点からみると・・・
 班別に話し合い、発表をしてもらいました

20180510p1160052_r20180510p1160058_r20180510p1160059_r

・二人一組で、<自分の欠点>を話し、相手がリフレーミングの考えで、
 そのなかから良さを引き出す・・・話し合いを・・・

●一口レポート
★発達障害は多少なり知識はありましたが、「愛着障害」という言葉は知りませんでした。★子どもの発達の話を聞きながら、自分の育ちを振り返っていました。人の心は難しく、そして素晴らしいと思います。★自分の目線でものを見ず、子どもに接する時は子どもの目線で物事を見る大切さを知りました。★リフレーミングしてみると、今まで見えていたことが長所として捉えられることが分かった。★相手が誰であれ(夫、子、孫、友達)コミュニケーションの取り方の大切さを学び、楽しい授業でした!ありがとうございました。★リフレーミング、私の欠点を良い点に変えて下さって気分の良い一日になりそうです。こういった事はもっとやっていくと世界平和につながりますなぁ~★取り巻く環境が多様化しそれに対応するためには、ものの見方を柔軟にとらえることが大切だと思った。★発達障害は多少認識があったが、「愛着障害」は初めて学んだ。社会環境の変化が子どもの育成にもたらした現代病として捉えた対応したい。

「20180510rep.pdf」をダウンロード

●もの作り(2)
・ストローを使った、かんたんなおもちゃ作り
 1.体操人形
 2.ストローとんぼ
 3.ストローロケット
を作成しました。

20180510p1160067_r20180510p1160068_r20180510p1160069_r

・伝承玩具にある、体操人形、鉄棒人形を参考に、ストローと画用紙で・・・

20180510p1160070_r20180510p1160073_r20180510img_0853_r

・昔からの竹トンボをまねて、ストローと牛乳パックで・・・

20180510img_0854_r20180510img_0856_r20180510img_0862_r

・太いストローと、細いストローで、ストローロケットを・・・
・みなさん、子どもにかえって、人形を動かし、トンボを飛ばしていました
 
●本日のスケジュール

20180510nit1

「20180510nit.pdf」をダウンロード

●こころの天気図

20180510kok1

「20180510kok.pdf」をダウンロード

以上 (撮影、編集:佐藤和次)

« もの作り教育論 | トップページ | もしも原子が見えたなら »

子ども教室」カテゴリの記事

教養講座」カテゴリの記事