無料ブログはココログ

第2回科学の祭典

  • 20170806dsc_0148_r
    2017年8月6日開催 子どものための<科学の祭典> 第2回大阪科学フェスティバル

« もしも原子が見えたなら | トップページ | 春の遠足 »

2018年5月19日 (土)

磁石のふしぎ (吹田・科学実験教室)

●吹田・科学実験教室、5月度は、「磁石のふしぎ」

20180519p1160148_r

●講師は、高松真津子先生と、麦倉みゆき先生です。

「ビックリ磁石でおもしろ実験」
<磁石の秘密を解き明かそう!>


○磁石につくもの、つかないもの
【問題1】
先生が持っている磁石は、丸い形のフェライト磁石です。このフェライト磁石なら、鉄でできたくぎを何本くらいつりあげられるでしょうか。
 <予想>
  ア.10本ぐらい
  イ.50本ぐらい
  ウ.100本以上

20180519p1160153_r20180519p1160155_r20180519p1160157_r

・すごい、たくさんの(くぎ)がつりあげられました
・つづいて、日本のコイン(100円、10円、5円、1円)を・・・

20180519p1160158_r20180519p1160160_r20180519p1160161_r

・スプーンや、プラスチックの洗濯バサミなども・・・実験・・・
・エンピツの削りくず、電車のキップ、千円札、小さな石・・・

20180519p1160162_r20180519p1160164_r20180519p1160165_r

・クレヨンや、一万円札、キュウリまで・・・
・さて、どれが、吸い付いてきたと思いますか?

20180519p1160167_r20180519p1160169_r20180519p1160170_r

・実験の後は、磁石を使った、ものづくり
・クルクル磁石人形を作りました
*たのしい磁石の実験でした!

 以上 (撮影、編集:佐藤和次)

« もしも原子が見えたなら | トップページ | 春の遠足 »

出前授業」カテゴリの記事