無料ブログはココログ

第2回科学の祭典

  • 20170806dsc_0148_r
    2017年8月6日開催 子どものための<科学の祭典> 第2回大阪科学フェスティバル

第3回科学の祭典

  • 20180805p1170245_r
    2018年8月5日 子どものための<科学の祭典> 第3回大阪科学フェスティバルの写真です。

« 宇宙への道(法円坂子どもプラザ) | トップページ | 空気と水(吹田科学実験教室) »

2018年1月18日 (木)

お伊勢まいり

●高大版、白熱教室
今日は、音田先生の「大人の道徳」<お伊勢まいり>です。

20180118p1140177_r

●講師は、おなじみ音田輝元先生
高大版、白熱教室、いつものように、仮説実験授業の型式で、たのしい授業のスタートです。
テーマは「お伊勢まいり」、誰でもきっと一度は訪れた、訪れたい・・・お伊勢さん
「団体旅行から演出した人びと」から知る<日本文化史>です。

【質問1】
「伊賀」といえば、「志摩の国」といえば、「伊勢」といえば、あなたは何を思い浮かべますか?

【問題1】
「伊勢神宮」を知っていますか?

天照大神をまつる「皇大神宮」を「内宮(ないくう)」と、豊受大神をまつる「豊受大神宮」を「外宮(げくう)」と、地元のひとはよんでいます。
それでは、どちらがいわゆる「伊勢神宮」なのでしょうか?

20180118p1140165_r20180118p1140166_r20180118p1140167_r

・20年に1回の「式年遷宮」がおこなわれるようになったのは、いつごろからでしょうか?
・日本全国に、数多くの神社があります。ふつうの神社に<ある>が、伊勢神宮には<ない>ものがあります。それは何だと思いますか?

20180118p1140169_r20180118p1140171_r20180118p1140173_r

・江戸時代、一般民衆の<伊勢まいり>は、ますます盛んになっていきました。その頃の参拝者はどのくらいであったと思いますか?

20180118p1140176_r20180118p1140182_r_220180118p1140187_r

・江戸時代の多くのひとが<伊勢まいり>をした目的は、何だったと思いますか?

・こんな、質問、問題に、みなさんたくさんの意見を出していただき、とってもたのしい、白熱の授業でした。

●一口レポート
★神社について、知らないことばかりでした。学校教育では知る子tがなかった項目なのが、影響しているのかな?★長い歴史の中での人口の移り変わりなど考えたこともなかったので、とても面白かったです。★お伊勢さんは身近な存在ですが結構知らないことが多い。★何気なくお伊勢さんに参っていましたが、歴史の深さを聞いて、今度はしっかりとお参りしてこようと思いました。★何も知らずに伊勢神宮にお参りしていました。拝んでいる思っていたけど拝殿ではなかったのですね。びっくりです!参拝の人も多分、皆知らない事実ですね。★伊勢神宮について歴史は初めてでしたので参考になりました。次回参拝の折には思い出し、新たな気持ちで参拝できます。★人口の変化は、歴史を考える時の大きな視点という事に気付かされ、おもしろかったです。

「20180118rep.pdf」をダウンロード

●ものづくり (13)
・今回は、ハサミとノリだけでできる、簡単なものづくりを、出来るだけたくさんお伝えをしました。
・「輪切り(メビウスの輪)」、細長い紙をそのまま輪にしたり、ひねって輪にしたり、その紙の中心を切ると、ふしぎな輪になって・・・
・「変わり絵」メビウスの輪の原理を使って、絵が変わる、紙の輪の折り方・・・
・「まん中ドア」ドラエモン、のび太君たちが、3つのドアのどこから出てくるかな・・・
・「いどう君」伝承玩具でである<ふしぎなカード>を作りやすいように・・・
・「首長ウサギ」ウサギさんの首を、ハサミで切っても・・・

 (写真が無くて、すみません!)

●本日のスケジュール

20180118nit1


「20180118nit.pdf」をダウンロード

●こころの天気図 NO.27

20180118kok1


「20180118kok.pdf」をダウンロード

 以上 (撮影、編集:佐藤和次)

« 宇宙への道(法円坂子どもプラザ) | トップページ | 空気と水(吹田科学実験教室) »

仮説実験授業」カテゴリの記事

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31