無料ブログはココログ

第2回科学の祭典

  • 20170806dsc_0148_r
    2017年8月6日開催 子どものための<科学の祭典> 第2回大阪科学フェスティバル

第3回科学の祭典

  • 20180805p1170245_r
    2018年8月5日 子どものための<科学の祭典> 第3回大阪科学フェスティバルの写真です。

« 秋の遠足 | トップページ | 文字と文明 »

2017年11月18日 (土)

もしも原子が見えたなら(吹田科学実験教室)

●吹田科学実験教室、11月度は「もしも原子が見えたなら」

20171118p1130661_r

●講師は、高松真津子先生と、麦倉みゆき先生です。

・あなたは原子ということばを聞いたことがありますか?
・アトムはどうですか?
 アトムは英語で原子のこと、つまり 原子=アトム
 「この世界のすべてのものは原子でできている」と科学者は言っています。

・草も木も花も、石も土もガラスも、動物も、そう、私たち人間も・・・
・原子はそこら中にあるのですが、見ることができません。
・空気と同じ様に、目でみることはできないのです。

こんな、お話しからスタートをして・・・
今日は、映像を中心とした、シュミレーション版を使っての授業です。

20171118p1130639_r20171118p1130635_r20171118p1130641_r

・地球は大きすぎて見えませんが、原子は小さすぎて見えないのです。
・空気は見えないけれど、風や、ビニール袋に閉じ込めると、空気があることを感じることができます。
・もしも原子が見えるとしたら、この空気はどのように見えるでしょうか?
・想像して絵にかいてみましょう。

20171118p1130644_r20171118p1130647_r20171118p1130648_r

・そのあとで、科学者が想像してかいた絵や、動く映像を見せてもらい・・・
・すごいスピードでいきおいよく飛び回っている分子を、見せてもらいました。

20171118p1130650_r20171118p1130655_r20171118p1130657_r

・飛び回っている、いろいろな分子を、一つづつ教えてもらい・・・
・窒素、酸素、赤パンツの水の分子など・・・代表的な分子を

20171118p1130661_r_220171118p1130663_r20171118p1130666_r

・人間や動物・植物のからだにわるい分子も教えてもらい
・それらの、分子模型作りをしました

・「ものづくり」は、空気中を飛ぶ<紙グライダー>と<花びら落下傘>を作って・・・
うまく飛んだかな?!

今日も、たのしい授業をありがとうございました。

 以上 (撮影・編集:佐藤和次)

« 秋の遠足 | トップページ | 文字と文明 »

出前授業」カテゴリの記事

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31