無料ブログはココログ

第2回科学の祭典

  • 20170806dsc_0148_r
    2017年8月6日開催 子どものための<科学の祭典> 第2回大阪科学フェスティバル

第3回科学の祭典

  • 20180805p1170245_r
    2018年8月5日 子どものための<科学の祭典> 第3回大阪科学フェスティバルの写真です。

« 化学の財産・周期表 | トップページ | 高大祭 »

2017年11月 2日 (木)

大人の道徳

●今日は、大人の道徳・・・どんな授業が始まるやら・・・

20171102p1130503_r

「大人の道徳」<日本の○○と二種類の真実>というカリキュラムで、
内容は、「お葬式の歴史」についてのお話しでした。

講師は、音田輝元先生、いつもの科学実験とは違う題名・内容でしたが・・・

【はじめに】
 日本のお葬式は、「お坊さんを呼んで読経をしてもらう形式=仏式のお葬式」が、大半をしめています。生前、宗教と関係ない生活を行っていても、お葬式の時はお寺やお坊さんなどのお世話になる事が多いわけです。ふだんそれらの宗教生活になれてないことが多い分、そういう葬式の時だけに出会う宗教的な習慣に違和感を覚えることもあるでしょう。

 ところで、現代のお葬式は、葬儀屋がほとんどすべての段取りをつけてくれます。そのように葬儀屋が葬式をとりしきるのが一般的になったのは、いつごろからでしょう?

予想
 ア.つい最近(数十年前くらいから)
 イ.明治時代から(100年くらい前から)
 ウ.江戸時代から(400年くらい前から)
 エ.もっと以前から

こんな質問から始まりました・・・皆さんはどう思われますか?

20171102p1130504_r20171102p1130506_r20171102p1130507_r

・先祖代々のお墓は、いつから?
・江戸時代以前の一般庶民の墓は、どういうものだったでしょうか?

20171102p1130508_r20171102p1130509_r20171102p1130516_r

・知っている様で、知らないお墓の歴史・・・
・仏教のお葬式は?戒名は?

20171102p1130515_r20171102p1130517_r20171102p1130518_r

・シニアにとって、身近に迫った(?!)・・・話題、お話しを・・・
・最後に「死んだらどうなるか」という、この世にある<二種類の真実>について
 板倉聖宜博士の文章を紹介していただきました。

●一口レポート
★とても素晴らしい授業でした。葬式・墓のことを考える年代に入りましたが、大いに参考になりました。★死を考える事はありますが、科学を学んでいるのだから、科学視線で考えてみると思いました。それに気づいてちょっと楽しくなります。★お葬式について改めて考えさせられました。★人が亡くなると葬式をするのは当たり前と考えていたので、今日は大変勉強になりました。★お葬式の歴史はとっても奥の深いお話しで、人の死についても改めて考えさせられ、いい機会をいただきました。良かったです。★子どもに「死」を教えるのは難しい。でも今日の授業は本当に現代という時代に必須の内容で、クラスの重要性を実感しました。★歴史を学ぶことで、当たり前と思っていたことが実は当たり前ではなく、思いがけない真実が見えてくるのを実感しました。楽しいのに「深い」ですね。★知っている様で知らない知らないことの多い「お葬式」でした。それにしても歴史的な経過の中で日本的に進化してきた仏教の庶民への普及には感心する事しきりです。

「20171102rep.pdf」をダウンロード

●高大祭準備

20171102p1130519_r20171102p1130521_r20171102p1130524_r

・11月8日の高大祭に向けて、演芸(合唱)の練習や
・もの作りの準備を・・・

20171102p1130527_r20171102p1130529_r

・はねガエル、エコマ、さらまわし・・・の準備を全員で・・・
・ご苦労さんです、たのしい高大祭になりますよう、期待しています。

●本日のカリキュラム

20171102nit1

「20171102nit.pdf」をダウンロード

●こころの天気図 NO.22

20171102kok1

「20171102kok.pdf」をダウンロード

 以上 (撮影、編集:佐藤和次)

« 化学の財産・周期表 | トップページ | 高大祭 »

仮説実験授業」カテゴリの記事

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31