無料ブログはココログ

第2回科学の祭典

  • 20170806dsc_0148_r
    2017年8月6日開催 子どものための<科学の祭典> 第2回大阪科学フェスティバル

第3回科学の祭典

  • 20180805p1170245_r
    2018年8月5日 子どものための<科学の祭典> 第3回大阪科学フェスティバルの写真です。

« 爆発の科学 | トップページ | 化学の財産・周期表 »

2017年10月21日 (土)

水の表面(吹田科学実験教室)

●10月度、吹田科学実験教室では、「水の表面」を行いました。

20171021p1130441_r

●講師は、高松真津子先生と、麦倉みゆき先生です。
10月の少し寒い時期になりましたが、夏休み時期には、子ども達に大人気の「水の表面」
机の上は、水浸しになりそうですが・・・そんなことはお構いなしに、たのしい授業がスタートです。

・コップに水を入れて、表面をじっくりと見ることから始まりです。

20171021p1130423_r20171021p1130424_r20171021p1130426_r

・コップの水を、砂糖とおなじように、<山盛り>にできるかな・・・

20171021p1130429_r20171021p1130434_r_220171021p1130437_r

・一円玉を、そっと水の上に置くと・・・浮かぶかな・・・
・そのほか、たくさんの実験をしてから・・・、

20171021p1130438_r20171021p1130439_r20171021p1130441_r_2

・つづいての実験は、洗面器いっぱいに、一円玉を浮かばせる競争です・・・
・何枚浮かぶかな?・・・さー、ガンバッテ・・・

20171021p1130442_r_220171021p1130443_r20171021p1130444_r

・各グループとも、100枚は浮かばせて・・・
・そして、最後に、ビックリ実験・・・

20171021p1130447_r20171021p1130448_r20171021p1130449_r

・洗面器に、一滴、洗剤を垂らすと・・・あ~ら、不思議・・・
・その理由は・・・、先生に教えてもらい・・・
・水の表面・・・たのしかった!

●授業の後の<ものづくり>
ペットボトルを使って、<浮沈子>を作製
お弁当に入れる、魚の形をした、しょうゆ入れが、浮いたり、沈んだり!

●子ども達の感想
★ガラスコップに入れた水は横から見ると二重に見えた。★表面張力は「赤パンツ君」がつながってできるものだとわかった。一円玉は10枚くらいかな?とおもったけど。30枚以上は入れることを知って、びっくりした。「界面活性剤」でたくさん浮いていた1円玉が一気にしずんでいって、驚きました。穴のあけ方で回る回らないが、変わるのはスゴイと思った。★一円玉を浮かして、界面活性剤を入れたら、ポロポロと一円玉が落ちたのが楽しかった。魚が、水にしずむ、ものづくりも楽しかったです。★水の表面がゼリーみたいにふくらんだのがおもしろかった。★水の表面はたいらじゃないと初めてわかった。

とっても、たのしい授業でした、ありがとうございました。

 以上 (撮影、編集:佐藤和次)

« 爆発の科学 | トップページ | 化学の財産・周期表 »

仮説実験授業」カテゴリの記事

出前授業」カテゴリの記事

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31