無料ブログはココログ

第2回科学の祭典

  • 20170806dsc_0148_r
    2017年8月6日開催 子どものための<科学の祭典> 第2回大阪科学フェスティバル

第3回科学の祭典

  • 20180805p1170245_r
    2018年8月5日 子どものための<科学の祭典> 第3回大阪科学フェスティバルの写真です。

« 煮干しの解剖教室 | トップページ | 第7回 法円坂子どもフェスティバル »

2017年7月20日 (木)

イオンと食べもの

「大阪府高齢者大学校・白熱教室」の時間です。
子ども教室では、毎回、音田先生に白熱教室を行っていただいていますので、今回も、いつものように、たのしい授業、白熱の授業として・・・開始です。

20170720p1120637_r

●授業内容は、環境実験<イオンと食べもの>です。
・環境問題を考える内容であり、地球に循環する食物連鎖などを実感、未来の地球のために、何をすべきか、考えさせられる内容でした。

<1>電気を運ぶもの・イオン
・一円玉は電気がつくかな?  ・水は? ・スポーツ飲料は?
色々なものを実験しながら・・・

20170720p1120635_r20170720p1120640_r20170720p1120641_r

<2>食べものとイオン
・それでは、ミカンはどうでしょうか?
・いろいろな野菜も確かめてみました
・キュウリ、ジャガイモ、キャベツは?

20170720p1120642_r20170720p1120643_r20170720p1120644_r

・植物をイオン、イオンはどこから来たのでしょうか?
・生きるために、取り入れたものを身体の中に蓄える力があります

20170720p1120648_r20170720p1120649_r20170720p1120651_r

・牛乳にも、イオンで買った豚肉にも・・・
・めぐりめぐっている、土の中にも・・・
・そして、最後は驚きのものの中にも・・・

<おまけの実験>
エナジースティックを使って・・・

20170720p1120653_r_220170720p1120654_r

・おまけの実験として、人間の身体に流れている電流を見えるようにした実験
・クラスの全員が、手をつないで、最後の人と、最初の人で<エナジースティック>を握ると<ビヨビヨビヨ~ン・・・>と音が鳴り、LEDランプが点灯し・・・
・クラス40人のこころもつながりました

●一口レポート
★子どもにとって身近な食べ物を使った実験は、楽しいでしょうね。難しいイオンの話が面白かったです。★イオンの関する実験を楽しく受けさせていただきました。電気を通すものが多いことに驚いた次第です。★生き物の体の不思議。体に流れるイオン、それを作る食物、実にいろいろ面白い構成でした。★いろんな物にイオンが少なからずあることが分かりました。イオンを通しての食物連鎖についてもよく理解できました。★生物濃縮とイオンの関係は大変面白く環境破壊などの関係も理解できた。★意見が分かれるのはおもしろいですね。★授業で実際の尿を使う勇気に感動。子ども達の歓声が聞こえてきそうです。さぞかし盛り上がったことでしょうね。★イオンと食べもの、とても奥深く、豊かな内容ですね。できれば、ゆっくりと時間をかけて学べたらなあ、と思いました。

「20170720rep.pdf」をダウンロード

●午後、特別教材学習②
6月に続いて、高大の特別教材学習、社会参加活動などについて

●本日のスケジュール

20170720nit1

「20170720nit.pdf」をダウンロード

●こころの天気図 NO.14

20170720kok1

「20170720kok.pdf」をダウンロード

 以上(撮影、編集:佐藤和次)

« 煮干しの解剖教室 | トップページ | 第7回 法円坂子どもフェスティバル »

仮説実験授業」カテゴリの記事