無料ブログはココログ

第2回科学の祭典

  • 20170806dsc_0148_r
    2017年8月6日開催 子どものための<科学の祭典> 第2回大阪科学フェスティバル

第3回科学の祭典

  • 20180805p1170245_r
    2018年8月5日 子どものための<科学の祭典> 第3回大阪科学フェスティバルの写真です。

« 液体空気で遊ぼう | トップページ | 光と虫めがね・エコカメラ作り »

2017年6月29日 (木)

地球温暖化を考える

●教養講座(1) 「地球温暖化を考える」 <地球の今、そして未来>

20170629p1120311_r

●講師は、音田輝元先生

・地球環境問題が叫ばれています。
・アメリカは、パリ協定から脱退を表明・・・
・途上国は、より発展のために・・・
・地球の今、そして未来について、どのように考えていますか
・みなさんの意見は・・・

20170629p1120301_r20170629p1120303_r20170629p1120306_r

・地球の歴史からみた二酸化炭素濃度
・炭素は地球のどこに分布しているか?
・地球以外の惑星の大気は?

20170629p1120308_r20170629p1120309_r20170629p1120313_r

・縄文時代の気温は? いまと比べるどうだったと思いますか?
・地球が暖かくなると、何が起こる?
・北極や南極の氷が解けると、海水面はどうなる?

20170629p1120315_r20170629p1120317_r20170629p1120316_r

・温室効果の高い気体は、何でしょう?
・大気汚染は進んでいるのでしょうか? 水の汚染は? 森林破壊は?
・人口増加の割合は? 地球温暖化と人口問題

○私たちのできる<温暖化対策>は?
○地球と人類のこれまで、これから

今回の授業は、とても難しい問題ではありましたが、一方でとても考えさせられるすばらしい内容でした。受講生の皆さんの思いは、一口レポートで感じてください。

●一口レポート
★時には、地球の問題を考えてみることも必要ですね。勉強になりました。★意外な事、知らないことが多かった。改めて地球のことをわかりやすく教えてもらった。★在籍していた会社は、環境技術があり、本を読むこと、講義セミナーを受けていたが、久しぶりに熱い思いが伝わりました。★危機をあおる情報が多い中、何かほっとして希望のわくお話しでした。「自己肯定感できた」という気持ちです。でも安心するのではなく、問題にはしっかり取り組む!!★時事のニュースに振り回されていた自分を反省。もっと学習内容で学んだ知識で判断していかねばと思った。★非常に大きな視野からの環境問題について学ぶことができ、身近な現象との差と、のぞみを自分で考えたいと思いました。

「20170629rep.pdf」をダウンロード

●午後:ものづくり④
・夏にちなんで、水を使ったおもちゃ、ものづくり
・<浮沈子>ペットボトルの中の魚が、浮いたり、沈んだり・・・
・<のぼり虫>パイプの外側を小さな虫が、よじ登る・・・
 不思議な、楽しい、ものづくりでした。

20170629p1120321_r_220170629p1120324_r


・ペットボトルと、お弁当のタレ瓶と、六角ナットで・・・

20170629p1120325_r20170629p1120326_r


・ペットボトルを押すと、中のお魚が沈んでいきます・・・
・上手くできたかな

クラスミーティング
・7月23日(日)に開催の「法円坂フェスティバル」の科学実験教室のスタッフと
・午後のものづくりの内容と、スタッフをきめてもらいました。

20170629p1120329_r20170629p1120330_r20170629p1120335_r

・つづいて、高大祭・演芸委員の、OHさんより、演芸内容の提案を・・・
・うまく全員をリードしてくれ、たのしい演芸の企画内容を決めていただきました
 さすがです、すばらしい、今年も楽しそうな演芸になりそうです、ありがとうございました。

本日のスケジュール

20170629nit1

「20170629nit.pdf」をダウンロード

こころの天気図 NO.11

20170629kok1

「20170629kok.pdf」をダウンロード

 以上 (撮影・編集:佐藤和次)

« 液体空気で遊ぼう | トップページ | 光と虫めがね・エコカメラ作り »

仮説実験授業」カテゴリの記事