無料ブログはココログ

第2回科学の祭典

  • 20170806dsc_0148_r
    2017年8月6日開催 子どものための<科学の祭典> 第2回大阪科学フェスティバル

第3回科学の祭典

  • 20180805p1170245_r
    2018年8月5日 子どものための<科学の祭典> 第3回大阪科学フェスティバルの写真です。

« 春の遠足 | トップページ | イオンと食べ物(法円坂子どもプラザ) »

2017年6月 1日 (木)

もしも原子が見えたなら

●「原子論教育の可能性」について、むずかしい題名ですが・・・
授業は、とっても楽しい「もしも原子が見えたなら」と<分子模型作り>です。

20170601p1110994_r

●講師は、音田輝元先生
・物性を豊かにイメージするための基本は「もしも原子が見えたなら」
・見えない空気だって、分子模型を作りながら考えると、たのしくいきいき見えてくるようになります。
・講義のあとは、<分子模型作り>を行い
・「モルカ」(分子模型ノカルタ)で、楽しみながら、復習ができました。

「もしも原子が見えたなら」<シュミレーション版>を利用して授業開始です。
・あなたは原子ということばを聞いたことがありますか?
・アトムはどうですか?
・アトムは英語で原子のこと、つまり 「原子=アトム」
・「この世のすべてのものは原子でできている」と科学者は言っています。
・・・

【質問】
 もしも原子が見えたとしたら、私たちのまわりにある、この空気は、どのように見えるでしょうか。想像して絵にかいてみましょう。
(こどもたちは、ユニークな発想で、いろんなたのしい絵を描いてくれます)
さて、シニアの皆さんは・・・

20170601p1110992_r20170601p1110994_r_220170601p1110997_r

・目の前の空気をビニール袋に閉じ込めると・・・
・さて、シニアの人たちの描いてくれた、空気は・・・

20170601p1110998_r20170601p1120004_r20170601p1120008_r

・空気中の分子が動くシュミレーション映像を見せてもらいました
・いろんな分子が飛び回っている様子が、よく分かります

20170601p1120011_r20170601p1120017_r20170601p1120019_r_2

・空気中の悪い分子も教えてもらい・・・
・一家に一枚「元素周期表」(東京エレクトロン提供)をもらって
・午後から、「モルカ」(分子カルタ)で、たのしく分子の復習をしました。

一口レポート
★原子が見えたら?難しいなーと思ったが順に分子を覚えていったら楽しくなって来ました。わかりやすい。★分子のもけいを作るのは楽しいです。小学生の頃欲しかったです。★小学校の時から苦手意識を持ち続けてきましたが、50年を経てスッキリしました。科学の世界の入り口を自分で開けて進んでいく楽しさを感じています。★良かった。ありがとうございました。学生<中学の時、化学部>時代を思い出しました。★昔、科学・分子・原子の学習は泣きたいくらい嫌いでした。楽しくできたのですね・・・。★科学というものにあまり興味がなかったのですが、とても楽しく学ぶことができました。★一億倍のイメージが、頭が地球の大きさになると聞き、とても身近になりました。原子の世界が楽しく学べました。

「20170601rep.pdf」をダウンロード

●午後、「定番ゲーム①」
・講師:高松真津子CD
・「アイスブレーク」のプログラムを実践しながら・・・

20170601p1120022_r20170601p1120026_r20170601p1120028_r

・楽しく、笑顔いっぱいに・・・
・クラスのメンバーの、絆が深まりました。

本日のスケジュール

20170601nit1

「20170601nit.pdf」をダウンロード

こころの天気図 NO.7

20170601kok1

「20170601kok.pdf」をダウンロード

 以上 (撮影、編集:佐藤和次)

« 春の遠足 | トップページ | イオンと食べ物(法円坂子どもプラザ) »

仮説実験授業」カテゴリの記事

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31