無料ブログはココログ

第2回科学の祭典

  • 20170806dsc_0148_r
    2017年8月6日開催 子どものための<科学の祭典> 第2回大阪科学フェスティバル

第3回科学の祭典

  • 20180805p1170245_r
    2018年8月5日 子どものための<科学の祭典> 第3回大阪科学フェスティバルの写真です。

« 運動の力学(吹田科学実験教室) | トップページ | 学習成果発表会 »

2017年3月 2日 (木)

ミニプラン体験

●今年度、最終の授業になりました。
「ミニプラン体験」で、講義をしていただきました。

20170302p1100836

●講師は、音田輝元先生
2016年度、最終の講座となってしまいました。

最終講座は「ミニプラン体験」で、3つの講義を行っていただきました。
 1.「恩讐の彼方」
 2.「二つの真実」
 3.「近頃の若者は」

いずれも、子ども教室では初めての内容で、楽しみです。
最初の「「恩讐の彼方」は、戦争のお話からスタート・・・
指揮者、岩城博之さんのお話で・・・

20170302p110083720170302p110083820170302p1100839

・「恩讐」とは、①人から受けた恩とうらみ。②忘れられないかつての敵対関係や、恨みのおもい
・「彼方」遠く離れた方、あちらの方

20170302p110084420170302p110084520170302p1100846

・たのしみながら考える<道徳・国語>
・「死んだらどうなるのか」、二種類の真実について・・・

20170302p110084920170302p110085020170302p1100848

・「近頃の若者は」・・・いつの時代も、同じなのかな・・・


●一口レポート
★岩城さんの功績はすばらしい!国をあげての憎しみを変えてしまう。また、心の世界、科学の世界の話、じっくり時間をかけて話し合ったらおもしろいかな。★「戦争と平和」「科学的真実と」心の世界」「若者論」と多くのテーマに興味をひかれました。★今日の3つのテーマは、どれも色々考えさせられ、また悩ましくも意味のある内容でした。考えるキッカケをいただき、ありがとうございました。★死んだらどうなるのか・・・それは私の子どものころから現在までのずっと重いっ課題です。死んだら焼かれて原子になり、二酸化炭素になり、植物の栄養になり、また人間の身体に入ってくる!すごい考えに行き当たり、目からウロコです。★「究極の科学の考え方」について論じた面白い内容のラスト授業に感動を覚えました。人類、若者視感も大昔からあったのですか・・・びっくりでした。★近頃の若者もいずれは近頃の年寄りとなるのだと認識した。音田先生のラストレクチャーを厳粛に受けた。

「20170302rep.pdf」をダウンロード

●午後、クラスミーティング
・学習成果発表会の準備と、リハーサル


20170302p1100859_220170302p1100860_220170302p1100862_220170302p1100864_2

・来週は、各班別に、この一年間の「学習成果発表会」を行います
・今日は、簡単に、シュミレーションを行いました

●本日のスケジュール

20170302nit1

「20170302nit.pdf」をダウンロード

●こころの天気図 NO.31

20170302kok1

「20170302kok.pdf」をダウンロード

 以上 (撮影、編集:佐藤和次)

« 運動の力学(吹田科学実験教室) | トップページ | 学習成果発表会 »

仮説実験授業」カテゴリの記事