無料ブログはココログ

第2回科学の祭典

  • 20170806dsc_0148_r
    2017年8月6日開催 子どものための<科学の祭典> 第2回大阪科学フェスティバル

第3回科学の祭典

  • 20180805p1170245_r
    2018年8月5日 子どものための<科学の祭典> 第3回大阪科学フェスティバルの写真です。

« おりぞめ教室(吹田科学実験教室) | トップページ | 磁石の秘密(法円坂子どもプラザ) »

2017年1月12日 (木)

生物と細胞

●今年初めての授業が、スタートしました。
講師は、おなじみ、音田輝元先生
わくわく科学⑤ 「生物と細胞」です。

P1100290_r

●「生物と細胞」・・・細胞学、なにか難しそうですが・・・
いつものように、きっと、たのしい授業が展開すると思います。

では、みなさん、今年も、よろしくお願いします!!

【質問1】
あなたは「細胞」という言葉を聞いたことがありますか?細胞について知っていることがあれば、文章や、絵に書いてから、みんなで出しあってみましょう。

つづいて、ロバート・フックという科学者が書いた「ノミの絵」を見せてもらいました。

P1100291_rP1100292_rP1100294_r

・ノミの絵、すごい精密で、大迫力・・・
・いろいろな、顕微鏡で覗いた、絵、写真を・・・

P1100295_rP1100296_rP1100297_r

・顕微鏡を使って発見したことは、たくさん・・・
・一番有名なのは「コルクの細胞」の発見・・・
・紫玉ねぎの表面を、30倍のライトスコープで、きれいに細胞が見えました

P1100298_rP1100301_rP1100306_r

・手の甲に、セロテープをはりつけ、はがすと皮膚の表面の細胞は、セロテープにくっついてはがれてくると思いますか?
・実験をして、確かめてみました・・・

・たのしい実験が続いて・・・最後の質問は
「今、食べようとしているリンゴは生きていますか?」とか「今まで水槽で泳いでいたタイの刺身は生きているのでしょうか?」と聞かれたら、あなたはどう答えますか?

「生きている」ということを、感動的に学ぶことのできる授業でした。

●一口レポート
★細胞のことは日頃かんがえていなかったので、改めて参考になりました。とてもよかった。★細胞、色とか玉ねぎがとてもきれいに見えて、小学校の実験を思い出しました。★人間の細胞の不思議を学ばせてもらった。<生きている><生かされている>不思議です。★細胞の話はおもしろかったです。山中先生の活躍が日本の子ども達にいろんな関心をもたせ、研究したい人が増えてほしいなあー!★細胞:むつかしい話をわかりやすく、楽しく授業していただき、ありがとうございました。★単細胞から60兆個の細部を持つ人間まで、生物の不思議な仕組みを楽しく学ぶことが出来ました。★これまで学んだ中で最も興味深く、学びがいのある物の一つでした。「生きているとは何か」という根源にせまるテーマに触れて、静かな感動を覚えています。

「20170112rep.pdf」をダウンロード

●午後の授業「冬の成果発表会」
・冬休み、お正月での活動や、楽しかった出来事などを・・・
みなさんから、発表していただきました。

P1100309_rP1100313_rP1100315_rP1100317_r

P1100319_r_2P1100321_rP1100323_rP1100325_r

P1100327_rP1100328_rP1100330_rP1100332_r

P1100337_rP1100339_rP1100343_rP1100345_r

P1100346_rP1100348_rP1100350_r

・みなさんの活動ぶりには・・・感心・感動・・・ すごいクラスです!
(発表の写真が撮れていない人もいますが、ゴメンナサイ!!)

本日のスケジュール

20170112nit1

「20170112nit.pdf」をダウンロード

こころの天気図 NO.25

20170112kok1

「20170112kok.pdf」をダウンロード

 以上 (撮影、編集:佐藤和次)

 

« おりぞめ教室(吹田科学実験教室) | トップページ | 磁石の秘密(法円坂子どもプラザ) »

仮説実験授業」カテゴリの記事

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31