無料ブログはココログ

第2回科学の祭典

  • 20170806dsc_0148_r
    2017年8月6日開催 子どものための<科学の祭典> 第2回大阪科学フェスティバル

第3回科学の祭典

  • 20180805p1170245_r
    2018年8月5日 子どものための<科学の祭典> 第3回大阪科学フェスティバルの写真です。

« 秋の遠足 | トップページ | 大淀子どもフェスティバル »

2016年11月17日 (木)

高大白熱教室

●高大・白熱教室
講師は、音田輝元先生です。

P1090858_r

白熱教室、今回は何が飛び出すか? 楽しみな授業がスタートです!

●神社の映像が現れて、さて、ここはどこだと思いますか?
こんな質問から始まりました。

「靖国神社」さすが、シニアの皆さんですから、映像からは知っている様でした・・・
しかし、知っている様で、知らない・・・いろいろな・・・
・靖国神社の設立は?
・日本政府との関係は?
・どのような人々が祭られているのでしょうか?
・・・

P1090859_rP1090861_rP1090863_r

・設立は、明治維新? 明治大正? 十五年戦争? 敗戦の年?

P1090864_rP1090867_rP1090871_r

・戦死者を祭るとは? 合祀するとは? 祭られている人の数は?
・戦犯 A級、B級、C級とは?

・難しい問題がたくさんあり・・・初めて知ったことがたくさんありました。
いつも問題になる、靖国神社について、その歴史、その考え方などを、
冷静に客観的なデータとして知ることが出来ました。
・それらをもとに、どのように考え、行動するかは、各自の判断と感じます。

●一口レポート
★靖国神社問題という政治的なテーマも仮説実験授業という形で面白く、かつ考えさせられた。戦争行為という犯罪を靖国という面でとらえることが出来た。★一度靖国神社がどんなところか行ってみたくなりました。中国が、クレームをつけているところですし、なんでそこまで、他国に言ってくるのかなと思いますから。★戦争については、まだまだ知らないことが多すぎます。ただ、今日の平和な日本において、過去の歴史を学ぶことは大切なことだと思います。★その時代に生きていないので何とも言えませんが、難しい問題をはらんでしますが、一つ言えることは、戦争は2度とおこしてはならないという事だと思います。★政治問題化しやすい「靖国神社」問題を、客観的に判断する一つの資料として最低限の客観的科学知識を学び直したことは、意義がありました。★靖国問題については、色々な意見が国内外にあり、関心を持っていましたが、今回の授業でよく判りました。しかしどう判断するかは難しいです。★靖国神社へは行ったことはありませんが、私達の祖先がこの国を守るため戦ってきた歴史だと思います。これは私ではこたえはでませんが、この事実をしっかり受け止めて生きていきたいと思います。勉強の機会を与えてもらい、感謝です。

「20161117rep.pdf」をダウンロード

●午後の、ものづくり
・CDを利用した、ものづくりを紹介
・CDとペットボトル、ゴム風船の、<ホバークラフト>
・CDとビー玉を利用した、<CDコマ>

P1090876_rP1090877_rP1090878_r

・うまくペットボトルが動いてくれたかな
・CDゴマは、うまく回すと、一分以上も回ってくれます

●本日のスケジュール

20161117nit1

「20161117nit.pdf」をダウンロード

●こころの天気図

20161117kok1

「20161117kok.pdf」をダウンロード

 以上 (撮影、編集:佐藤和次)

« 秋の遠足 | トップページ | 大淀子どもフェスティバル »

仮説実験授業」カテゴリの記事

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30