無料ブログはココログ

第2回科学の祭典

  • 20170806dsc_0148_r
    2017年8月6日開催 子どものための<科学の祭典> 第2回大阪科学フェスティバル

第3回科学の祭典

  • 20180805p1170245_r
    2018年8月5日 子どものための<科学の祭典> 第3回大阪科学フェスティバルの写真です。

« 春の遠足 | トップページ | ものづくり集中講座 »

2016年6月 2日 (木)

原子・分子論の体験

科学実験入門②
「原子・分子論の体験」
授業を行いました。

P1080054_r

●講師は、音田輝元先生
・原子・分子論の体験「もしも原子が見えたなら!」の授業は、音田先生がもっとも大切にしている授業の一つであり、退職後、1000人の子どもたちにこの授業をしたいと思われ、実践されています。
・科学の基礎となる、原子・分子の授業
目に見えない世界をどのように、子どもたちに伝えていくのでしょうか?
たのしい授業が始まります。

P1080051_rP1080057_rP1080060_r

・大きすぎて見えない「地球」
・小さすぎて見えない「原子」

P1080061_rP1080064_rP1080065_r

・科学者は、どのようにして、見えるように工夫したのか・・・
・目の前の、見えない「空気」を、科学者になったつもりで書いてみましょう

P1080068_rP1080069_rP1080070_r

・たのしい実験の後には、「空気の分子模型」作りです
・見えない空気が、見えてきたようです・・・!

一口レポート
★目に見えないものを、判りやすく、楽しく学ぶことは、子どもにとってもとっても大変重要な事と思う。それに少しでもお手伝いできればと願っている。★初めての原子・分子の話、わかりやすかった。模型を飾って覚えます。★もしも見えない・・・原子が見える形で窒素・酸素・水分子(赤パンツ)など、模型を作って立体で分かるのは本当に良い教え方でした。★もしも原子が見えたならは、なぜ子ども達がおもしろいのか、不思議だったが、授業を受けてみて、楽しさがよくわかりました。★身近な空気から、原子を理解させる手法にワクワクしました。子ども達は更に心躍らせるでしょう。★分子・原子の話はとても楽しい。世の中のものすべてが原子で出来てるという夢のような現実。

「20160602rep.pdf」をダウンロード


●午後:スキル発表 (1班、2班)
・受講生の皆さんの、隠れたスキル(趣味、特技、ボランティア活動、かつての仕事の内容・・・)など、なんでも構いません、自己紹介で言い足りなかったことも含めて、お話していただきました。
・すごい!さすが!!シニア、今まで社会で活躍されてきた方々の・・・いろいろな、お話を聞かせていただき・・・

P1080071_rP1080087_rP1080096_r

・おもちゃ、マジック、先端の仕事内容、経歴、工具の秘密、おりがみ、伝承玩具、趣味、シャボン玉の工夫、スライム磁石、料理教室、マジック、読み聞かせ、絵本、風車・・・などなど
・素晴らしいお話に、感激・感動でした。

本日のスケジュール

20160602nit1_2

「20160602NIT.pdf」をダウンロード

こころの天気図 NO.7

20160602kok1_2

「20160602KOK.pdf」をダウンロード

 以上 (編集:佐藤和次)

« 春の遠足 | トップページ | ものづくり集中講座 »

仮説実験授業」カテゴリの記事