無料ブログはココログ

第2回科学の祭典

  • 20170806dsc_0148_r
    2017年8月6日開催 子どものための<科学の祭典> 第2回大阪科学フェスティバル

第3回科学の祭典

  • 20180805p1170245_r
    2018年8月5日 子どものための<科学の祭典> 第3回大阪科学フェスティバルの写真です。

« 教育心理学入門 | トップページ | 春の遠足 »

2016年5月19日 (木)

夏イベント体験学習・ドライアイス

●夏休みのイベントに向けて、科学実験教室の体験学習です。
今回は、暑い夏休みに、子どもたちに人気の「ドライアイス」の授業です。

P1070963_r

●夏休み「法円坂・子どもフェスティバル」に向けて、科学実験教室のアシスタントとして、授業内容を理解してもらうために、イベント内容のデモンストレーションを実施しました。
授業内容を理解していただき、イベント時のアシスタント、スタッフとしての活躍をお願いします。

1.ドライアイスで遊ぼう
2.ドライアイスで見えない気体をつかまえよう
3.ドライアイスで、もくもくを研究しよう
4.液体チッソ:-196℃の世界を体感

4つの授業内容を盛り込んで、授業がスタート・・・

P1070965_rP1070966_rP1070971_r

・ドライアイスを机の上で、滑らせたり・・・
・水の中に入れると、どうなるかな・・・モクモクさんが・・・
・ジュース、お湯の中にも・・・

P1070973_rP1070974_rP1070975_r_2

・サラダオイルや、お酒の中にも・・・
・アイスコーヒーの中では・・・黒いモクモクが出るかな・・・


P1070976_r_2P1070977_r_2P1070979_r_2

・ビニール袋に入れてふくらましたり、フィルムケースで爆弾を・・・
・最後は、ジュースにドライアイスの粉を入れて、シャーベットを作り、食べました

●一口レポート
★初めてのドライアイスの実験でした。子どものころから「さわったら駄目」と言われ続けてずっ~ときました。ビックリの連続でした。★ドライアイスの特徴、温度、体積を生かした実験は本当に面白い。子どもたちに広く教えたい。★ドライアイスでモクモク実験!二酸化炭素は危険だけど、楽しい実験の課題になるんですね。★ドライアイスの実験、こんなに多数あるのにおどろいた。子どもとモクモクはよくしました。子どもがえりして楽しいひとときでした。★ドライアイスをコーヒーに入れたときの変化が面白かった。ドライアイスの基本が解った気がする。★ドライアイスを通じて、二酸化炭素の変化を具体的に学ぶことを子どもたちに伝えれば面白いと思われます。★楽しいドライアイスの実験「びっくりポン」実に新鮮でした。

「20160519rep.pdf」をダウンロード

午後・ものづくり体験②
・「飛ぶ」をテーマに、ものづくりチャレンジ
<かさ袋ロケット>、<種グライダー>、<種ロケット>・・・を
・単にレシピを見て、作製するだけでなく・・・
材料の工夫、作り方の工夫、失敗から学んだこと、そんな内容をお伝えし、みなさんもさらに改良をして、子どもたちにとって、より作りやすい、たのしいものづくりにしていただきたいと思います。

P1070984_rP1070985_rP1070986_rP1070987_r

・かさ袋ロケット、作成後、うまく飛んだかな・・・


本日のスケジュール

20160519nit1

「20160519nit.pdf」をダウンロード

こころの天気図 NO.6

20160519kok1

「20160519kok.pdf」をダウンロード

 以上 (編集:佐藤和次)

« 教育心理学入門 | トップページ | 春の遠足 »

仮説実験授業」カテゴリの記事

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31