無料ブログはココログ

第2回科学の祭典

  • 20170806dsc_0148_r
    2017年8月6日開催 子どものための<科学の祭典> 第2回大阪科学フェスティバル

« オリエンテーション | トップページ | 科学実験入門① 重さの実験 »

2016年4月21日 (木)

もの作りに科学の視点を

●いよいよ、「SA・子ども教室」の授業が本格スタートしました。
今日は「もの作りに科学の視点を」、科学教育の中での<もの作り>の位置づけ

P1070616_r_2

●講師は、音田輝元先生
・科学教育の中での、<もの作り>の位置づけ
・<もの作り>を進めるうえでの原則にしてほしいこと
・<もの作り>教育の限界
・現職の頃の人気の<もの作り>とは・・・

P1070613_r_2P1070614_r_4P1070619_r_3

・広い意味での<科学教育>とは
①科学実験
②もの作り
③科学読み物・総合読本

P1070616_r_3P1070620_r_3P1070625_r_2

・科学教育の原理について講義していただきました
・<ぱっちん>や<スライム時計>なども見せていただきながら・・・

●続いて、具体的な「もの作り」は、
・子どもたちに人気NO1の<スライム>作りと、
・続いて<すっ飛びストロー>を作製しました。

P1070626_r_2P1070627_r_2P1070629_r_2

・スライム作製の写真です・・・たのしそう・・・

P1070630_rP1070631_r

・クラスミーティングでは、各班の班長さんなど、役割分担を行い
最後に「クラス委員長」も決めました。
・今年、一年たのしいクラスになりますよう・・・
どうぞ、よろしくお願いします。

一口レポート
★科学教育とものづくりの概念、狙い、方法などが大変勉強になった。★子どもたちへの科学教育のやり方、本当になるほど・・・と思います。★音田先生の熱気をひしひしと感じます。資料も豊富で中身の濃い授業で楽しいです。★すっ飛びストロー、こどもに帰って楽しく作らせて頂きました。とても楽しかったです。★スライム作り初めてで、とても楽しかったです。科学変化するお話びっくりでした。★スライム出来上がった時のみんなの顔!シワはいっているが、童心、子どもの顔に帰っていました。楽しい時間をありがとうございました。

「20160421rep.pdf」をダウンロード

本日のスケジュール

20160421nit1

「20160421nit.pdf」をダウンロード

こころの天気図 NO.3

20160421kok1

「20160421kok.pdf」をダウンロード

 以上 (編集:佐藤和次)

« オリエンテーション | トップページ | 科学実験入門① 重さの実験 »

子ども教室」カテゴリの記事