無料ブログはココログ

第2回科学の祭典

  • 20170806dsc_0148_r
    2017年8月6日開催 子どものための<科学の祭典> 第2回大阪科学フェスティバル

第3回科学の祭典

  • 20180805p1170245_r
    2018年8月5日 子どものための<科学の祭典> 第3回大阪科学フェスティバルの写真です。

« 煮干しの解剖教室 | トップページ | 石ころ学 »

2015年7月 9日 (木)

放射線とは

●教養講座①「放射線とは」放射線教育の可能性について
音田輝元先生に講義をしていただきました。

P1040922_r

○放射線とは・・・東日本震災より4年経過し、原発事故事故について、記憶が薄れそうになって来ていますが・・・
・知っているようで、知らない、放射線、正しい理解のために
・放射線をテーマに、楽しく実験をしながら、放射線に迫ります。

P1040923_r

P1040924_r

P1040925_r

・建物の中と外では、トンネルの中と外では・・・
・いろんな場所の、放射能を測定・・・

P1040930_r

P1040932_r

P1040933_r

・陸上、海上では・・・食べものや、温泉では・・・
・放射線の危険性について・・・、エネルギーとしての有用性について・・・
・地震大国の日本では・・・
・正しく認識し、将来の為に如何にあるべきか・・・考えさせられる内容でした

一口レポート
★古くから言われてきた放射線と、放射線の正しい認識のギャップに気付かされました。★放射線ということばは聞いているが、子ども対象の授業ですが、大人にも大変面白い内容でした。★原子力、放射線との関わり方、利用方法をしっかり考えていくべきことですね。★放射線の本質がたいへん良く理解できた。放射線のマイナス面も多いが、その性質を利用した用途の掘り下げもあったほうが良いと思う。★放射線は使い方によって、いいところもありますが、原子力発電にたよらず、自然発電の開発が早く進めばと思います。
★放射線について、大ざっぱな知識しかなかったが、よくわかった。子ども達には、本当に伝えたい授業だと思いました。
「20150709rep.pdf」をダウンロード


午後:ものづくり
テーマは「飛ぶもの!」・・・何が?飛び出すか?お楽しみ・・・

本日は、最近とかく騒がれている<ドローン>(ヘリコプター)を作成
エンジンは(ゴム動力)、プロペラは(PPシート)を利用

今回は、少し難しい作品でしたが、皆さんうまく作られて、飛んでいました。

本日のスケジュール

20150709nit1

「20150709nit.pdf」をダウンロード

こころの天気図 NO.12

20150709kok1

「20150709nit.pdf」をダウンロード

 以上 (編集:佐藤和次)

« 煮干しの解剖教室 | トップページ | 石ころ学 »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 煮干しの解剖教室 | トップページ | 石ころ学 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31