無料ブログはココログ

第2回科学の祭典

  • 20170806dsc_0148_r
    2017年8月6日開催 子どものための<科学の祭典> 第2回大阪科学フェスティバル

第3回科学の祭典

  • 20180805p1170245_r
    2018年8月5日 子どものための<科学の祭典> 第3回大阪科学フェスティバルの写真です。

« 光と虫めがね | トップページ | 放射線とは »

2015年7月 2日 (木)

煮干しの解剖教室

●夏イベント体験学習の3回目「煮干しの解剖教室」です。
小さな煮干しをどうやって・・・

P1040833_r

○講師は、高松真津子先生、お話上手なとっても楽しい先生です。
シニアにとって、解剖といえば、昔は、カエルを・・・そんな思いが・・・今回は、煮干し???

○和食や、いろいろなダシ汁に大活躍の、煮干しくん
まずは、観察から、うろこ、ひれ、目玉、はな、口、えらぶた・・・ 虫めがねで、じっくりと見てみると・・・すごいですね・・・

P1040836_r

P1040838_r

P1040843_r

○そして、いよいよ解剖です!
小さな煮干し君を相手に、虫めがねを使いながら、竹串をメスの代わりに、解剖開始
・頭と胴体をわけて ・・・ 脳、耳石、目、えら、さいは、心臓
・さらに、胴体を2つに分けて ・・・ 肝臓、胃、腸、卵巣、精嚢・・・

P1040844_r

P1040846_r

P1040847_r

P1040849_r

・すごいですね、人間と一緒ですね!

一口レポート
★小さな煮干しでも、各器官を注意深く観察すると、各々発見できる喜びがある。大変おもしろかった。★小さなイワシも人間と同じ!命の大切さを学びました。とっても良い授業です。★小さな生き物にも、しっかり内臓などあるって感動です。子ども達に生命の大切さを同時に考えさせたいと思いました。★煮干しの解剖、初めての体験、大昔にかえるの解剖をしたことはありましたが・・・。★身近な煮干しを解剖、五臓六腑を確認する。生まれて初めて、小魚でも、生物。人間と同様、全て備わっていた。ミクロの世界、すばらしい!!★「煮干しの解剖」子供たちには、こんな小さな魚を苦労して探して解剖するおどろきは、楽しい発見だと思います。新しい実験、よかったです。

「20150702rep.pdf」をダウンロード

午後:スキル発表② (3班、4班の皆さんより)
今回も、みなさんの発表、すごいですね、さすがシニア・・・

P1040850_r_2

P1040854_r

P1040860_r

P1040867_r

・木のおもちゃ、折り紙、合唱・・・

P1040871_r

P1040873_r

P1040882_r

P1040883_r

・歌体操、経験談、・・・

P1040886_r

P1040890_r

P1040902_r

P1040911_r

・ロープワーク、絵本作成、てまり・・・

P1040916_r

P1040919_r

・マジック、おもちゃづくり・・・などなど、ありがとうございました。

本日のスケジュール

20150702nit1

「20150702nit.pdf」をダウンロード

こころの天気図 NO.11

20150702kok1

「20150702kok.pdf」をダウンロード

 以上 (編集:佐藤和次)

« 光と虫めがね | トップページ | 放射線とは »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 光と虫めがね | トップページ | 放射線とは »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31