無料ブログはココログ

第2回科学の祭典

  • 20170806dsc_0148_r
    2017年8月6日開催 子どものための<科学の祭典> 第2回大阪科学フェスティバル

第3回科学の祭典

  • 20180805p1170245_r
    2018年8月5日 子どものための<科学の祭典> 第3回大阪科学フェスティバルの写真です。

« 子ども教室・オリエンテーション | トップページ | 科学実験入門講座 »

2015年4月23日 (木)

ものづくりに科学の視点を

●いよいよ、子ども教室の授業がスタートしました。
一年間、たのしい授業になりますよう、皆さんと一緒に協力しながら、進めてまいりますので、どうぞよろしくお願いします。

P1040047_r

●講師:音田輝元先生
授業:「ものづくりに科学の視点を」と題して「ものづくり教育論」を講義していただきました。
・科学教育の中での、<ものづくり>の位置づけ
・<ものづくり>を進めるうえでの原則にしてほしいこと
・<ものづくり>教育の限界
・現職の頃の人気<ものづくり>とは

P1040043_r

P1040045_r_2

P1040050_r


科学実験と共に、ものづくりの大切さを・・・

P1040052_r

P1040053_r

P1040054_r

P1040050_r_2



○講義の後は、Tさんの指導で、子ども達にとっても人気がある<スライム>づくりを、教えてもらいました。
さらに、高松CDより、短時間で、簡単に、費用もとっても安く、出来る・・・<くるくるシャトル>も作りました。
(写真を撮れなくて、すみません)

一口レポート
★もの作りの大切さは、科学技術の基本だとよくわかりました。★前半の科学の授業は、だれでもできて、楽しく過ごせることを勉強して良かったです。スライムやくるくるシャトル、折り紙コップもとても楽しくて、素晴しい時間、ありがとうございます。★初心に帰っての授業でした。子ども達に達成感を与えることの大切さを!★初めての「もの作り」に新たな楽しみが生まれました。これから、じっくり学んでいきたいと思います。★孫の顔を思い出して、ニンマリしながら、スライムや折り紙にいそしんでおりました。今後への期待高まります。★童心にかえってスライムもくるくるシャトルも楽しめました。班の方もニッコリ笑い合って、これは、大人にもいいなと思いました。

「20150423rep.pdf」をダウンロード

本日のスケジュール

20150423nit1

「20150423nit.pdf」をダウンロード

こころの天気図 NO.3

20150423kok1

「20150423kok.pdf」をダウンロード

 以上 (編集:佐藤和次)

« 子ども教室・オリエンテーション | トップページ | 科学実験入門講座 »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 子ども教室・オリエンテーション | トップページ | 科学実験入門講座 »