無料ブログはココログ

第2回科学の祭典

  • 20170806dsc_0148_r
    2017年8月6日開催 子どものための<科学の祭典> 第2回大阪科学フェスティバル

第3回科学の祭典

  • 20180805p1170245_r
    2018年8月5日 子どものための<科学の祭典> 第3回大阪科学フェスティバルの写真です。

« ものづくりに科学の視点を | トップページ | 教育心理学入門 »

2015年4月30日 (木)

科学実験入門講座

科学実験入門講座として、仮説実験授業の「授業運営法」を学びました。

P1040083_r

講師:音田輝元先生
電気の入門講座として最適な「自由電子が見えたなら」の授業を通して、仮説実験授業の「授業運営法」とは何か?を講義していただきました。

○仮説実験授業では、
<問題>→<予想>→<理由の発表>→<討論>→<予想変更>→<実験>
の順番で、授業を進め、運営していきます。

「自由電子が見えたなら」
豆電球テスターを使いながら、「電気をよく通すもの、通さないもの」の実験からスタートです。
【問題1】
豆電球テスターで「1円玉」をテストすると、豆電球はつくと思いますか。
ア.豆電球は明るくつく
イ.豆電球はつかない
ウ.その他の予想

このような内容の授業で、みなさん楽しみながら、授業を受けておられました。

P1040079_r

P1040081_r

P1040085_r

・予想が当たったら、こどものように・・・やったー!!!

P1040089_r

P1040091_r

P1040092_r

・へー、そんなものまで、電気を通すのかと・・・

一口レポート
★本当に「わくわく」科学ですね。今までわかっていたつもりの事が、簡単にひっくり返ってしまいました。楽しいわくわくです。★自由電子の実験をいろいろして童心に返って、とても楽しかったです。仮説の予想を立てて、結果あっていると、とてもうれしかったです。ありがとうございました。★ちょっとした好奇心で入ったこの講座、学ぶ範囲が広いので、不器用な私は、とまどい気味、でも面白そうなので・・・。★自由電子という言葉も知らなかった。とてもわかりやすく実験で教えてもらって、見方が変わりました。★電気の実験、始めてでした。こんなものが電気を通すなんて驚き!いろいろ勉強になりたのしかったです。

「20150430rep.pdf」をダウンロード

午後のものづくり
○<銀色ウズラ>、<恐竜の卵>、<鉛の圧着>
いずれも、午前の「自由電子が見えたなら」で勉強した、自由電子の働きを実感するものづくりでした。

<銀色ウズラ>、<恐竜の卵>
ビー玉と、アルミホイルで作成、アルミの自由電子がくっ付く性質を利用して・・・

P1040102_r

P1040103_r

P1040104_r

・プラコップの中で、シャカシャカとシェークをすると

P1040105_r

P1040106_r

・不思議な動きをする、卵が産まれます。

<鉛圧着>
二つの鉛をくっつけて、どれくらいの重さのものをつるすことが出来るか、競争です。

P1040111_r

P1040114_r

P1040116_r

・みなさん、すごいはしゃぎよう・・・

P1040120_r

P1040122_r

P1040123_r

・まるで、こども・・・、まるまる、こども・・・!

本日のスケジュール

20150430nit1

「20150430nit.pdf」をダウンロード

こころの天気図 NO.4

20150430kok1

「20150430kok.pdf」をダウンロード

 以上 (編集:佐藤和次)

« ものづくりに科学の視点を | トップページ | 教育心理学入門 »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ものづくりに科学の視点を | トップページ | 教育心理学入門 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31