無料ブログはココログ

第2回科学の祭典

  • 20170806dsc_0148_r
    2017年8月6日開催 子どものための<科学の祭典> 第2回大阪科学フェスティバル

第3回科学の祭典

  • 20180805p1170245_r
    2018年8月5日 子どものための<科学の祭典> 第3回大阪科学フェスティバルの写真です。

« 宇宙への道 | トップページ | 磁石と科学 »

2015年2月12日 (木)

自然法と科学・ものとその所有

教養講座④ 自然法と科学
「ものとその所有」について、講義していただきました。

P1030507_r

○講師は、元豊田市立西保見小学校教諭、井藤伸比古先生です。
今日がちょうど、誕生日だそうです。61才、新しい仕事、世界にチャレンジをされるそうで・・・3年間高大の授業を担当していただき、これらの活動がお役に立てたようです。
今後ますますの活躍を期待して、これからも、高大の授業にお出で頂きたいと思います。

○授業内容は、
第1部 自然界とものの所有
【質問】あなたは、「だれのものでもない」といったら、どんなものが頭に思い浮かびますか。
こんな質問からスタートです・・・

P1030505_r

P1030506_r

P1030504_r

・島根県の松本さんの家に、空から<隕石>が落ちてきました。さて、この隕石は、誰のものになったでしょう。
・東京、銀座の道路に落ちていたふろしき包み、その中は1億円も・・・さて・・・

P1030510_r

P1030511_r

P1030513_r

・自然法のお話・・・
・学校は誰のもの・・・富士山は・・・ 

P1030514_r

P1030515_r

P1030516_r

・山菜は・・・ 公園は・・・ 道路は・・・ 
・あまり考えた事のない、所有について、考えさせられ、楽しく勉強になりました。

●一口レポート
★「自然法と科学」井藤先生の授業とても楽しく勉強できました。自然は誰のものでもないでしょう。★<ものとその所有>あまり考えたことがないことを改めて考えられてよかったです。★すごい!所有って「自分の物」という意識しかなかったですが、いろいろあるんですね。特に富士山は考えさせられました。★所有について今まで深く考えたことがなかったけど、色々とおもしろい話が聞けました。★自然の所有、無意識のうちに考えることがなったように思います。★考えたことがない教材でありましたので、良い勉強をさせていただきました。★何事もそうであるが、「所有」という概念を改めて深く学び直すことが出来た。

「20150212rep.pdf」をダウンロード

●午後・自主活動 : ものづくり
1.くるくる磁石人形
 ・磁石の授業の後の、ものづくりのピッタリ
 ・磁石の上にボンテンを、ボンドで貼り付け、耳や鼻も小さなボンテンをつけて人形を作ります。
・紙皿の上に乗せ、下から磁石で回したり、机の上で、磁石の反発を利用して、クルクル回します。

2.パタリンちょう
・これも、磁石を利用したおもちゃづくり
・シート状磁石の性質を利用し、反発し合う磁石の組み合わせで、ちょうちょうの羽根を動かす、不思議なおもちゃです。

本日のスケジュール

20150212nit1

「20150212nit.pdf」をダウンロード

こころの天気図 NO.30

20150212kok1

「20150212kok.pdf」をダウンロード

 以上 (編集:佐藤和次)

« 宇宙への道 | トップページ | 磁石と科学 »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 宇宙への道 | トップページ | 磁石と科学 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30