無料ブログはココログ

第2回科学の祭典

  • 20170806dsc_0148_r
    2017年8月6日開催 子どものための<科学の祭典> 第2回大阪科学フェスティバル

第3回科学の祭典

  • 20180805p1170245_r
    2018年8月5日 子どものための<科学の祭典> 第3回大阪科学フェスティバルの写真です。

« 夏イベント体験学習 | トップページ | 原子・分子論入門 »

2014年6月11日 (水)

もしも原子が見えたなら・シュミレーション版

仮説実験授業の講演会
「大東市深野小学校」にて、「北河内理科部会」の先生たちに、
「もしも原子が見えたなら」の「シュミレーション版」を、音田輝元先生が講演をしました。

P1020795_r

音田輝元先生は、先生を退職後、仮説実験授業を広めるため、子供会や、地域のイベント活動を通じて、活躍されてきました。

特に、今回の「もしも原子が見えたなら」については、科学の基礎・基本として、小さな子どもたちにも、教えたいと重要視されている授業であり、1000人の子ども達に教える目標を立て、現在300名の子どもたちに教えてこられたそうです。

今日の講演は、その「もしも原子が見えたなら」のシュミレーション版を使いながら、とても易しい、とてもたのしい、授業を展開していただきました。

P1020780_rP1020785_rP1020790_r

・「理科部会」の総会終了後、講演会がスタート
・音田先生の自己紹介、および、退職後実施されている、多様な科学教室の紹介

P1020792_rP1020793_rP1020805_r

・そして、「もしも原子が見えたなら」<シュミレーション版>を利用しながら
・子どもたちも、わくわく・どきどきの科学実験教室が始まりました。

P1020806_rP1020809_rP1020812_r

・動画を交えた、わかりやすい説明に皆さん納得のご様子・・・
・一億倍の原紙・分子模型を示しながら・・・
・子どもたちと同様に、先生たちも、わくわく・どきどき・・・でした


●講演、終了後は、先生たちからの質問をたくさんいただき、また、展示物や、シュミレーション版のDVDに興味を持っていただき、さっそく購入される人もおられるようでした。

●理科の先生たちを通じて、<仮説実験授業>が、広まり、子どもたちの理科や科学に対する、たのしい思いが広まればいいと願っています。

理科部会の皆さま、ありがとうございました。

以上

« 夏イベント体験学習 | トップページ | 原子・分子論入門 »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏イベント体験学習 | トップページ | 原子・分子論入門 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30