無料ブログはココログ

第2回科学の祭典

  • 20170806dsc_0148_r
    2017年8月6日開催 子どものための<科学の祭典> 第2回大阪科学フェスティバル

第3回科学の祭典

  • 20180805p1170245_r
    2018年8月5日 子どものための<科学の祭典> 第3回大阪科学フェスティバルの写真です。

« 2014年授業スタート | トップページ | ふしぎな石・じしゃく »

2014年1月20日 (月)

生物学入門<生物と種>

●教養講座4回目
講師:音田輝元先生に、生物学入門<生物と種>の授業でした。

P1150491_r

○ダーウィンさんの進化論と<種>の概念をテーマにした実験です。

最初の問題は・・・?
【問題1】
イヌからは、イヌの子どもが生まれます。ネコからは、ネコの子どもだけが生まれます。
では、同じオリの中でイヌとネコを飼ってみたら、子どもはできると思いますか。

さて、みなさんはどう思いますか・・・?

P1150493_r

P1150495_r

P1150494_r

・動物に続いて、植物ではどうでしょうか?
・ダイコンの花粉を、ニンジンのめしべにつけたら、たね(植物の子ども)はできると思いますか?

P1150499_r

P1150502_r

P1150504_r

・生物の<設計図>=<遺伝子>の話
・種の話、品種改良の話
・そして、ダーウィンの進化論、種の起源の話など
とても、興味深く、聞き入りました。

○一口レポート(生物と種)
★ダーウィンのむずかしい進化論、楽しく学ばせていただきました。★生物と種、ダーウィンさんの偉大さがよくわかりました。★シオカラトンボがオスで青く、ムギワラトンボはメスで茶色。同じ種ってビックリ!!★映像がとてもきれいで見ていて楽しいです。人間に都合のいい動物をつくろうとすることは、とても問題だと思います。生命誕生の中でどんどん進化し、ヒトがほんの1~2mm、やっとヒトになったというのは驚きです。★生物と種の研究、授業の最初なんとなく違和感があったのですが、テントウ虫、トンボのあたりからおもしろくなってきました。★人類の歴史から、野菜と生活に伴った諸事の一つ一つに驚き、身近な生き物の発生とか、楽しい時間でした。


●午後の自主講座(竹細工)
今日は、受講生の木下さんから、竹細工のものづくりを教えていただきました。

P1150505_r

P1150526_r

・竹を使って、「カタツムリ」を教えてもらいました。

P1150508_r

P1150509_r

P1150516_r

・みなさん真剣に・・・

P1150517_r

P1150522_r

P1150527_r

・かわいい、かたつむりができました。
木下さん、ありがとうございました!

○一口レポート
★木下さんの竹細工が面白かった。★かわいいかたつむりが出来ました。準備が大変でしたでしょう。夜なべで用意してくださった様子が目に浮かびます。ありがとうございました。★竹細工づくり~準備だけでも大変!木下さん、ありがとうございます。


●本日のスケジュール

「20140120.pdf」をダウンロード

201401201
●こころの天気図 2014-28

「201428.pdf」をダウンロード

2014281
以上

« 2014年授業スタート | トップページ | ふしぎな石・じしゃく »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2014年授業スタート | トップページ | ふしぎな石・じしゃく »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30