無料ブログはココログ

第2回科学の祭典

  • 20170806dsc_0148_r
    2017年8月6日開催 子どものための<科学の祭典> 第2回大阪科学フェスティバル

第3回科学の祭典

  • 20180805p1170245_r
    2018年8月5日 子どものための<科学の祭典> 第3回大阪科学フェスティバルの写真です。

« 白熱教室 | トップページ | 伝承文化とものづくり »

2013年12月 2日 (月)

人気の国語

●国語の仮説実験授業で、テーマは「道徳の体験」
でも、中身は、子ども達に、たのしい絵本の授業・・・

P1150140_r

○講師は、愛知県蒲郡市幸田小学校教諭、伊藤善朗先生
授業内容は、絵本の授業、午前中は
1.「地球がもし100cmの球だったら」
2.「ひともじえほん」
の二つの授業をやっていただきました。

1.「地球がもし100cmの球だったら」授業、最初の【問題】は?

 ・地球がもし100cmの球だったら・・・
  月は、何cmくらいの球だと思いますか?
   ア.3cmくらい
   イ.10cmくらい
   ウ.30cmくらい
   エ.100cmくらい(地球と同じくらい)
   オ.その他(   )くらい

さて、みなさんはどう思いますか?

P1150155_r

P1150157_r

P1150162_r

・月までの距離は・・・、太陽の大きさは・・・、など、次々に楽しい問題が・・・

○続いての「ひともじ」は、授業書を配るのに忙しく、写真を撮れませんでした、
すみません!

○昼休みは・・・

P1150176_r

P1150183_r

P1150171_r

・伊藤先生が、「もちもちウインナー」を作って頂き、皆で試食、美味しかった
・今日は、おりぞめの山本先生も参観に来られて、楽しんでおられましたが、
昼休みに、「しぼり染め」を紹介していただきました。

○午後からは「ものづくり」と、たのしい「音楽タイム」

P1150188_r

P1150190_r

P1150193_r

・ものづくりは、①どらえもん・のび太の「まん中ドア」、②エコま、③CDごま、
④くるくる・くらげ・・など、たくさんのものづくりを教えていただき・・・

P1150196_r

P1150199_r

P1150201_r

・最後には、音楽タイム、ヒロユキ君の歌など、素敵な、心にのこる歌を、
聞かせていただきました。

P1150218_r

P1150207_r

P1150206_r

・感動・・・ありがとうございました。

●一口レポート
★「地球が100cmの球だったら」いろいろ想像しながら、答えたが、正解が少なかったが、おもしろい。★明るい先生の進行、すごく楽しい時間。太陽系に対する考え方も改めて知りました。音楽のある時間は良い。★国語のお話系かなと思っていましたら、科学で、授業書みたいで、おもしろかったです。意外とわかっていなかったりして、でっかすぎるものを小さく(100cm)すると、わかりやすいです!★100cmの地球、感覚で宇宙・地球を考えること、楽しい体験でした。★地球がもし・・・ひともじえほん・・・人の前でわかりやすく伝えることは、なかなか工夫がいると感じました。★養護学級のご苦労を思いましたが、こども一人一人に愛さんさん!のご様子が伝わる授業でした。★心をひきつける力をもっている先生、子どもたちは幸せですね。

<以下はTさんの感想文です>
 伊藤善朗先生、ありがとうございました。
「地球がもし100cmの球だったら」の学習、とても勉強になりました。地球に住んでいる私達が、大阪や、日本や・・・と言ってる場合ではないなあと思いました。「地球の大きさで物事を考えなければいけない!!」と叫ばれているけれど、今日の授業で宇宙全体のことを考えていかないと、人間社会をはじめ生き物達が生存できないなあと考えさせられました。 絵本を読むだけでは見えてこない物が今日の授業でわかったような気がします。
「ひともじ」は、人が文字を作るためにいっしょうけんめい体を動かしているのがとても興味深かったです。しかもその文字から楽しい言葉、文がつむぎ出されていて、リズミカルなところが、文字を覚えたての一年生は、特にうれしいのではと思います。また、文が今風でなく、ちょっと一昔の文章であることが、子ども達には、新鮮だろうと思われました。 ありがとうございました。

●本日のスケジュール

「20131202.pdf」をダウンロード

201312021

●こころの天気図 NO.24

「201324.pdf」をダウンロード

2013241

以上

« 白熱教室 | トップページ | 伝承文化とものづくり »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 白熱教室 | トップページ | 伝承文化とものづくり »